インフルエンザにご注意

今日のニュースで、インフルエンザ患者が全国推定161万人と出ていました。

とんでもない数字ですね。

 

東葛西中学校でもインフルエンザが出ているらしく、生徒が何人も休んでいるそうです。

このまま増えれば学級閉鎖もあるでしょう。

 

しかし、それよりも問題なのは受験生です。

受験シーズン到来で、これから本番という受験生にとって、この時期のインフルエンザは何よりも気を付けなければなりません。

インフルエンザで受験できなくなってしまえば、これまでの苦労が水の泡です。

勉強よりもインフルエンザなどの病気の予防を第一に考えてください。

 

外出から帰ったら、うがい、手洗いはもちろん、必要のない外出は控え、人ごみはできるだけ避けましょう。

マスクをして、暖かい服装で体を冷やさないようにしましょう。

乾燥は喉を傷めるだけでなく、ウイルスの感染にも関係するので、加湿器等で適度な湿度を保つことは大事です。

きちんと三食をバランスよく食べ、栄養をしっかりつけましょう。

そして睡眠を十分にとって、体の疲れを解消することも風邪予防には大切です。

しっかり体力をつけていれば、ウイルスに対する抵抗力も上がります。

とは言え、適度な運動も忘れないようにしてください。

家に閉じこもりっきりというのも、肉体的、精神的に健全ではありません。

 

病気、けがに気を付けて万全の態勢で受験に臨める様にしてください。

あと少し、頑張ってください。

応援しています。

 

 

入試前日、当日の過ごし方

千葉の方では私立高校の入試が始まり、もう合否が出たところも多いようです。

都内でも私立入試、都立推薦入試、そして都立高校入試の本試験と立て続けに試験が行われます。

また、大学受験でも、先日センター試験があり、私立大学、国公立大学と受験シーズンになっています。

そこで今回は、受験前日と当日の過ごし方について、お話ししたいと思います。

 

これまで夜型だった人は生活習慣を変え、朝方になっていますか。

直前では変えられないので、今のうちに少しずつ調整しておきましょう。

そうして早寝早起きの習慣を付けて、本番当日には試験時間に脳が最も活動できるようにしましょう。

 

では試験前日ですが、勉強はしないことをお勧めします。

どうしても不安で勉強したいときは、朝早く起きてやった方がいいです。

前日に慌ててやっても大して身につきませんし、徹夜でもしようものなら当日頭がはたらかなくて、かえって結果が悪くなります。

(前日に慌てなくても済むように、それまでにしっかり準備すべきです)

腹をくくって、これまでやってきた自分を信じて、前日はペンを置き、心を安定させることに集中しましょう。

早めに食事を済ませ、お風呂にゆっくり入り、できるだけ体をリラックスさせましょう。

翌日の準備を済ませ、忘れ物がないか、もう一度確認してください。

体が覚める前に布団に入り(特に足元を暖かくしてください)、余計なことは考えず静かに目を閉じてください。

試験前で緊張していると思いますが、無理に寝ようと考えると反って目が覚めて寝られません。

どうしても眠れそうになければ、横になって目を閉じるだけでも十分です。

体の七割はこれで休まります。

 

当日は早く起きてゆとりをもって準備し、家を早めに出ましょう。

ただし朝食は食べ過ぎず、消化の良いものを腹八分目にするのがいいでしょう。

試験会場に向かう途中で何があるかわかりません。

天候が悪かったり、電車が遅れたりするかもしれないので、少なくとも30分前に着けるくらいの余裕があるといいです。

トラブルが起きても慌てず、入試会場に連絡しましょう。

早めに席について、深呼吸し、外の景色でも見ながら、気持ちを落ち着けてください。

 

「もう自分はやることは全てやり切った。だから今自分の持っている力を全て出し切ればいい。」と考えてください。

否定的な考えは止めて、常に前向きな思考でいましょう。

実際、自分のできること以上はできないので、実力を最大限発揮することに集中しましょう。

とにかく落ち着いて試験を受けてください。

 

ここまでやってきたのだから後は、「人事を尽くして天命を待つ。」です。

結果は結果、悔いのないように最高のパフォーマンスを目指して頑張ってください。

 

 

 

入試前の過ごし方

そろそろ正月気分も抜け、3学期への準備は整っているでしょうか。

昔からこの期間はめまぐるしく、あっという間に過ぎ去っていくと言われています。

 

中学三年生、高校三年生はともに入学に向けた本試験が行われます。

以前にも話しましたが重要なのでもう一度、受験生がこの時期どのように過ごすべきかについて話したいと思います。

 

まず勉強に関しては、もう新しく知識を身に付ける時ではないということ。

これまで十分にやってきたのだから、今大事なのは、その身についた学力を本番で十分に発揮できるようにすることです。

せっかく身に付けていたことを、本番で忘れて問題が解けなかったのではもったいないです。

今までやった問題集、過去問、参考書、教科書等をもう一度見直し、どんなことがあったかを思い出し、確認してください。

目を通すことで忘れていたことに気づけます。

また、確認時に問題が解ければそれは自信となり、本番で心のゆとりができるでしょう。

 

注意してほしいのは、この時期に新しいものに手を出さないことです。

終わらせるには時間的に足りませんし、わずかに新しい知識を身に付けたところで、結果には大きく影響しません。

その場しのぎの付け焼刃に時間を費やすぐらいなら、今の実力を100%発揮できるように努めることです。

 

もし自分の実力が足りていないと不安に感じても、じたばたしないで、今の自分を受け止めて本番に臨むしかありません。

そんな不安に悩まされることないように、今まで頑張っていなければならないはずで、それができていないのであれば、それは自己責任として受け入れてください。

繰り返しますが、今、慌てて新しく学ぼうとしても大差ないです。

結局、慌てて身に付けた知識は不正確で、役には立ちません。

大切なのは現実を受け止めて、その中で最大限の結果を出すことに集中することです。

 

学力面以外にも気を付けるべきことがあります。

それは生活面と健康面です。

 

これまでの受験勉強で生活のリズムが大きく崩れている生徒が多くいると思います。

夜遅くまで勉強して、睡眠時間が十分でなかったり、食事が偏っていたりしていないでしょうか。

本番当日、最高のパフォーマンスを出せるように、体のリズムを本番に合わせるようにしましょう。

深夜遅くまで起きていいるのではなく、遅くとも0時前、10時から11時くらいには床に就くようにしてください。

睡眠のリズムを整えないと、本番中に眠くなります。

十分な睡眠があってこそ、すっきりとした頭の状態で入試に望めます。

どうしても勉強したいのであれば、夜ではなく、早く寝て、早朝に起きて勉強するのがいいです。

食事も3食きちんと食べ、特に朝ご飯は抜くことのないようにしてください。

 

さらに最も注意しなければならないことは、やはり健康です。

寒く乾燥しているこの時期、風邪やインフルエンザなどの病気になりがちです。

特に受験勉強で体が疲れていると、病気にかかりやすくなります。

栄養をしっかり取って、マスクやうがいなどをしっかりして、病気に対する予防を行ってください。

できるだけ人ごみを避け、病気をもらってこないように。

格好悪くてもしっかり厚着をし、体を冷やさないように。

少しでも体調が悪いなと感じたら、すぐに病院に行ってください。

予防をしっかりし、対処を迅速にして病気にならないように気を付けましょう。

病気で試験が受けられないことが一番よくありません。

病気だけは絶対にならないようにしてください。

 

以上の事柄に留意し、受験本番で最高の結果を出せるようにしてください。

 

 

 

 

新年、明けましておめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます。

昨年は多くの方々に支えられて何とか年を越すことができました。

心よりお礼申し上げます。

 

本年も生徒を第一に考え、これまで以上に彼らの力になれるよう精進する所存です。

皆様のご愛好とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

葛西TKKアカデミーは本日より通常通りの営業となっております。

冬休みの課題は順調に進んでいますか。

3学期まで残り一週間ほどです。

まだ終わっていない人は是非、葛西TKKアカデミーに来て、課題を仕上げてください。

塾は毎日空いています。

より円滑に学習のお手伝いができるためにも、自習に来る人は、事前連絡をお願いします。