これから大学入試の本試験が行われますが、コロナウイルスの感染拡大により試験内容の変更される大学が相次いでいます。自分の受ける大学ホームページでこまめにチェックしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
これから大学入試の本試験が行われますが、コロナウイルスの感染拡大により試験内容の変更される大学が相次いでいます。自分の受ける大学ホームページでこまめにチェックしてください。

先日、初めての共通テスト(第一日程)が終わり、いよいよ大学入試本試験へ向けて最後の追い込みです。
既に共通テストが終了した人、共通テストと関わりなく受験する人はいよいよ本番を意識して、これまで学んだことの最終確認の段階に入っているのではないでしょうか。
あと少し、最後の追い込みです。

ところがここにきてまたコロナウイルスにより受験生は翻弄されるかもしれない事態が起きています。
私立大学、国公立大学共に募集要項は既に出ているのですが、現在、コロナウイルスが一向に収束せずむしろひどくなり、東京を始め主要都市を中心に緊急事態宣言が出されるという状況を受けて、入試内容を変更する大学が相次いでいます。

具体的には新たに追試日程を設定したり、試験会場や時間を変更したり、対面式からオンライン試験への変更があったり、面接の中止などがあります。
また、合格発表も恒例の掲示板による発表を取りやめる大学もあります。

最も残念なのは山口大学や広島大学を始めいくつかの国公立大学や私立大学で本試験を中止し、共通テストの点で合否判定をすると発表されたことです。
受験生は自分なりに計画し作戦を立てて頑張っているのに、直前になってこのような選抜方法の変更はあっていいのでしょうか。
コロナだから仕方ないで済まされる問題ではありません。
彼らの努力と公平性を考えれば認められるものなのでしょうか。
疑問を感じざるを得ません。

一応、募集要項には変更の可能性も記載されていたらしいのですが、常識的に募集要項発表後の変更はあり得ないので、このような状況になっていることは正に異常です。
入試制度の変更に伴いギリギリまで入試が具体的にどうなるか分からなく困惑の中頑張ってきた受験生に、これ以上戸惑いと不安を与えないでほしいところです。
もっとしっかり政府を始め感改革委が事前準備をしていれば、もっとましな対応ができたのではないかと悔やまれます。
本当に今の政府は受験生や生徒たちへの配慮が足りなさすぎます。
彼らが不幸で可哀想です。

これまでも入試制度の変更が明確でないから、コロナで十分な学習機会が奪われたから、進学をあきらめた生徒がいるのを知っています。
それでも頑張ってここまで来た受験生に、共通テストの後に本試験の中止と共通テストの点数での代替は彼らにどのような印象を心に残すでしょうか。
多くの若者が人生をあきらめ、未来に希望を見なくなるのが恐ろしいです。
そして、彼らをこのような心境にさせてしまった大人たちの罪は重いと思います。

このような異例の事態に文科省でもホームページで変更がある大学の一覧を掲載していますので、こちらをご参考ください。

文科省:『令和3年度大学入学者選抜実施要項等について』へのリンクはこちら

これからも状況により入試に関して変更がある大学が出てくるかもしれません。
受験生の方々は自分の受ける大学のホームページをまめにチェックして、常にどのような変更があるのかないのか把握して下さい。
試験範囲や問題が変更になることはないと思いますが、試験方法や会場、日時の変更は今後もあり得ると思いますので注意してください。

本当に受験生は大学や政府の言われるままに翻弄されるしかないのでしょうか。
彼らにも物申す機会を与えてほしいです。
彼らの声に耳を傾け、そして彼らのために本当に公平で正しい入試を実施してほしいです。
今回の入試はひどすぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です